ブログ記事ピックアップ - チャネリング・エネルギーワーク・ダウジング伝授の【魔法使い養成学校】

チャネリング・エネルギーワーク・ダウジング伝授の魔法使い養成学校

メール講座

引き寄せの法則・潜在意識・エネルギーワーク・ビジネスについての無料メールセミナー『魔法使い養成講座』

満足時支払いのメール通信セミナー『チャネリングコース』

満足時支払いのメール通信セミナー『お金と豊かさのコース』

セクシャル×スピリチュアルコース


テキスト

無料テキスト『魔法の☆ブロック解除ワーク』

無料テキスト『魔法の☆エネルギーワーク』

有料テキスト『魔法の☆ビジネス講座』


メニュー

実験・読み物

関連サイト

その他リンク


サイト内検索



ケータイサイト

F1144・魔法使い養成学校

ブログ記事ピックアップ

適切な質問先 2014-02-13

【無料メールセミナー・魔法使い養成講座】の後書き用に書いた記事ですが、大事なことなのでこちらにもアップしておきたいと思います^^

/////


今回は、「適切な質問先」というテーマでお伝えしますね^^



まず、質問するに当たっては、

『その道の専門家に訊く』
『自分より上のレベルの人に訊く』

ということが必要です。


よく、『初心者の会』などで、初心者同士でアドバイスをし合っているケースを見かけますが、

「素人同士で相談し合っても、所詮、素人の意見しか出てこないもの」

です(^^;


また、「間違いがあった際に、その間違いを適切に発見できるかというのは、初心者では荷が重い」という問題もあります。


ですから、特にワークショップやセミナーに参加した際などには、
出席者同士で相談し合うのでは無く、「講師に訊く」のが望ましいものです^^

もし、質問してもまともに答えてくれない講師であれば、そもそも、その講師のもとで学ぶのは避けた方が良いでしょう(^^;



なお、もちろん、専門家なら誰でも良いというわけではなく、
出来るだけ

『当事者に訊く』

というのが大切です。


これまたよくあるケースなのですが、

「スピリチュアル業界の○○さんが、××と言っていたのですが、これってどういう意味ですか?」

と、
僕に訊いてくる人がいます。


ですが、それは、

『その「○○さん」に対して訊くべきこと』

で、
僕としては、

「『その人が、誰に対して、どのようなシチュエーションで、どんな文脈でその発言を行ったのか』が分からない限り、答えようがない」

のです(^^;




ちなみに、物質世界で専門家に尋ねるとなると、相応のお金が掛かることも多々あります。


これに関しては、また後日、【お金をかけずに勉強する方法】【お金を払って勉強する方法】というテーマでお話させていただきますが、
ひとまずは、

『教えたがりの人』

を上手く活用するよう心掛けると良いでしょう。


ただし、

「○○さんに質問するとお金を取られそうだけど、あなたならタダだから」
「○○さんが質問を受け付けてくれないから、あなたでもいいや」

などという姿勢で質問をするのは、
論外と言えます(^^;



その他、『チャネリング』を習得して、高次の存在からのアドバイスを得られるようになると、
有益な情報を瞬時に受け取ることが出来るようになります。


この場合、質問先としては、

『自分のこと(使命・天命・自分の才能など)は、ハイヤーセルフに訊く』
『物質世界的なこと(人間関係・お金・仕事・健康など)は、ガイドに訊く』

というのが基本ですね^^




・・・あ、そうそう。

たまに、『「願望を叶えるために、創造主に繋がりましょう」と言っている人がいますが、これはNG』です(^^;


『創造主』は、会社に例えると、『世界中に支社がある規模の、大会社の会長』みたいなもの。

例えば、オフィスでお客さんにコーヒーを出すに当たって、「砂糖がどこに置いてあるか分からない」という場合に、わざわざ会長に連絡を取ったりしませんよね。


現場には、『現場に詳しい人』がいるので、その人に尋ねた方がよっぽど効率的で、
実際、

「高次の世界に行けば行くほど、物理次元的なことは把握しづらくなるもの」
「より高い次元の高次の存在は、そもそもお金などの概念を持っていないことも多々あるもの」

です。


『物理次元的な願望』というのは、まさに『現場レベルの問題』なので、無駄に創造主にコンタクトを取るのでは無く、
天使や妖精、ガイドにオーダーするのが適切です^^




と、いったところで、今回はここまで^^

今日も楽しんで学んで行きましょう!
Copyright ©2011-2013 F1144・魔法使い養成学校 All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT2 / Designed by 魔法使いA-Ki☆。