性エネルギーについて - チャネリング・エネルギーワーク・ダウジング伝授の【魔法使い養成学校】

チャネリング・エネルギーワーク・ダウジング伝授の魔法使い養成学校

メール講座

引き寄せの法則・潜在意識・エネルギーワーク・ビジネスについての無料メールセミナー『魔法使い養成講座』

満足時支払いのメール通信セミナー『チャネリングコース』

満足時支払いのメール通信セミナー『お金と豊かさのコース』

セクシャル×スピリチュアルコース


テキスト

無料テキスト『魔法の☆ブロック解除ワーク』

無料テキスト『魔法の☆エネルギーワーク』

有料テキスト『魔法の☆ビジネス講座』


メニュー

実験・読み物

関連サイト

その他リンク


サイト内検索



ケータイサイト

F1144・魔法使い養成学校

性エネルギーについて

性エネルギーについてのまとめ・その1 2012-06-01

リクエストが来たので、現状分かっている範囲で、
性エネルギー関連の話題について、僕の理解しているところをまとめてみたいと思います。


今回は、『性に関するブロック』について。

・性に関するブロック
・ガイド側の見解
・ブロックの外れたあとの行動



【性に関するブロック】

現代日本において、多くの人が『性に関するブロック』を持っていますが、
これはやっぱり「埋め込まれたもの」。

「国や文化が違って、別の時代・別の国等で認められているのに、現在の日本では認められていない」とか、
「動物はOKなのに、人間はNG」

というものは、たいていブロックが関わっているようです。


ブロックがあると、本人にとっては「自分の考えが絶対的に正しい」と思い込みがちなので、
そのブロックを揺さぶるようなことに対しては、様々な反発が出てきたりするのですが(^^;

日本の文化と、性に関するブロックは、非常に相性が良いようで(笑)

「モラル」「道徳」「倫理観」「宗教」「世間体」を隠れ蓑に、性に関するブロックが堂々と存在しています。


ブロック解除のためには、ある種、日本における道徳やモラル、そして宗教におけるタブーをことごとく破る必要があるので、
けっこうハードです(^^;

今の時代、モラル低下がどうこう言われてますけど、これも、
上の世界から見た流れとしては、「目覚めの方向に進んでいる」ということなのでしょうね。



【ガイド側の見解】

ガイドも個々人でそれぞれ異なる意見を持っているので、あくまでも「ガイド側の一般論」ということになりますが・・・

向こうは、「性に関するブロックがとても強力なものである」ということを理解しており、
かつ、「日本における性を取り巻く環境」についても理解があるようです。


高次の存在は、「その人にとって耐えられないような試練は与えてこない」ので、
もしブロック解除の流れに乗ったとしても、最初はソフトに、そしてだんだんハードになってくる感じです(笑)

また、ガイドは、それなりに空気を読んでくれますので、
突然、「人前で裸になって、性に関するブロックを揺さぶるんだ!」などということはまず言って来ませんのでご安心を(笑)


ただ、そうは言っても、「人間側の一般的な道徳や、法律に従う気は無い」ようです。
積極的に破らせるということもあまりしてきませんけれど、あくまでそれは、「空気を読む範囲」でのこと。


例えば、

「赤信号渡るのはOKなのに、不倫はダメなの?なんで?」

みたいな、そんな感覚。


本人にとって十分な準備ができていて、かつ、それが最善の流れであれば、道徳や法を犯させることにも全く躊躇しないようです。



【ブロックの外れたあとの行動】

ブロックというのは、

「本心ではやりたいのに、それを押し込めてしまう何か」

です。


ですので、もともとやりたくない(魂の底から「興味が無い」)ことに関しては、
ブロックは存在しませんし、無理にそれをやる必要もありません。


例えば、

「性に関するブロックが外れたからといって、必ずしも不倫をしなければいけないというわけではない」
「性に関するブロックが外れたからといって、必ずしもマニアックなプレイをしなければいけないというわけではない」

です。


興味がなければやらなくていいですし、
興味が無いことを無理やりさせられるような流れになることも無いでしょう。


ただ、

「本心ではそれをやりたいのに、道徳や法律によって縛られているから出来ない」

ということに対しては、けっこう激しく揺さぶってきます。


で、ブロックが外れたあとで、

「やってもやらなくても良い」

という感じになります。



・・・ひとまずこんなところで^^
Copyright ©2011-2013 F1144・魔法使い養成学校 All Rights Reserved.
Powered by AD-EDIT2 / Designed by 魔法使いA-Ki☆。